笑い講

大道小俣地区に800年以上もの間受け継がれている全国的にも珍しい笑いの神事です。
21戸の講員が当屋に集まり、神前に供えてある大榊2本を上座と下座に対座する講員に渡し、2人は大声で3度笑いあいます。
笑い声の第1声は今年の豊作を喜んで、第2声は来年の豊作を祈って、第3声は今年苦しかったことや悲しかったことを忘れるために笑います。
このとき、笑い声が小さかったり、不真面目なときは、講の長老は何度でもやり直しをさせます。

場所:
大道小俣地区その年の当屋宅(防府市大字台道)
開催日:
毎年12月第一日曜日 今年の開催日を確認する(観光カレンダー)
開催時間:
11時00分~(例年)
問合せ先:
(一社)防府市観光協会電話(0835)25-2148